大王の歴史

先代達のアツいロマンが作りあげた「大王わさび農場」

大王わさび農場開拓当時1 いま大勢の方が訪れるこの地は、もともとは雑草の生い茂る原野でした。20年という歳月をかけて完成した大王農場は、先代達の一大プロジェクトによるものです。歴史を感じながらの農場散策は、開拓に係わった者たちの夢とロマンを垣間見せてくれるシーンがきっとあるはずです。

大王わさび農場の歴史

元号 内容
大正 4年 扇状地に豊富な湧水を利用したわさび畑の開拓に着眼し、5町村にまたがる所有者と交渉を繰り返し2年の歳月をかけて15丁歩の土地を個人の所有とした。当時土地は砂利ばかりの荒地であった。
6年 土地の所有に成功。3月開拓に着手。
12年 古畑完成。
15年 大王畑完成。大王神社をまつる。
昭和 10年 新畑の開拓終わる。約20年に亘る開拓は終わった。
16年 初代逝去。享年55歳。
36年 東畑完成。
39年 実生苗育成に着手。
51年 1月 売店建設。販売開始。
8月 現天皇・皇后両陛下御来場。
57年 4月 レストラン棟建設。
59年 2代目逝去。
60年 7月22日
環境庁名水百選<安曇野わさび田湧水群>として3町に亘り認定される。
平成 9年 4月 本社屋・工場新設移転。
5月 売店新設移転。
22年 4月 売店リニューアル
オンラインショップ大王通販市場 電話注文はこちら お得なWEBクーポン